アクシデント率を減らすためにモノづくり企業で用いられるのが産業用カメラ

HOME>オススメ情報>細かい作業の成功率を上げるために用いるキット

撮影から解析までできる専用のカメラ

工場

生活に欠かせない製品を作るうえで、作る側が最も注意しなければならないのが安全性です。せっかく購入した商品がすぐに壊れるだけならまだよいのですが、その故障によって購入した側がけがなどをしてしまった場合には信頼性を著しく損なうことになり企業のとって大事なリピーターの損失につながります。もちろんどんなに頑張っても100パーセント不良品を出さないというのは難しいですが、90パーセントの確率までは人間の力で引き上げることができます。そのためには必要な設備を整える必要があるのですが、その設備の中でアクシデント率を減らす道具なのが産業用カメラです。産業用カメラは撮影と解析ができるカメラです。産業用カメラは産業のための小型カメラのことであり、身につけて撮影したり機器内部に取り付けて動作を調べるために用いります。

医薬品や食べ物はモニタリング用を選ぶ

産業用カメラを使うときには、2つの業種によって切り替える必要があります。産業が医薬品や食べ物を扱う企業であれば、産業用カメラはモニタリング用を用います。モニタリング用はレンズにデータチップを内蔵することで対象物を調べながら記録できます。医薬品や食べ物を作る際に、最も注意したいのが内部組織です。顕微鏡で構造に不備や不純物が入っていないか確認をすることで、医薬品や食品の安全性を向上させることができます。

工業系はマシンビジョンを選ぶ

産業が車は家電製品を扱う企業であれば、産業用カメラはマシンビジョン用を用います。マシンビジョン用の特徴としては、カメラの連射機能のように数秒単位で写真を記録できる点です。車や家電製品などの公表製品を作る際には、現在では機械が主導で組み立てるため人間の目では負えないほどの速度になります。そこでマシンビジョンという形で作業をスローモーションのように連射撮影をすることで、細かい作業の再確認をすることができるのです。仮に機械や作ったものに異物が入った時には、連射した映像の中から原因を特定して取り除くことができます。

広告募集中